紀要論文 中国東北地区におけるサジーの流通実態分析 : 遼寧省を事例として
The Situation of Distribution on Sea Buckthorn in Northeast China
チュウゴク トウホク チク ニオケル サジー ノ リュウツウ ジッタイ ブンセキ : リョウネイショウ オ ジレイ トシテ

"依, 柏州  ,  秋山, 邦裕"

内容記述
近縁では、サジーの副産物は主なサジー種油、サジーの実、サジーの食物繊維などである。世界では、サジーのブランド商品が迅速に発展している。サジーの副産物の利用が多くなっており、より多くの消費者に認められている。サジー副産物の利用が年々増加している。サジー実に作られる薬品と商品は良く売られている。しかし、サジー実を収穫するのは難しく、今は供給不足の状態にある。本研究では、中国東北地区におけるサジーの流通実態を明らかにした。サジー副産物の供給状況を考察した。
"In recent years, seed oil, fruit and dietary fiber are the main by-products of sea buckthorn. The sale of sea buckthorn by-products are growing rapidly world-wide. The utilization of these by-products has been recognized by many consumers; demand is increasing year on year. The food and drugs manufactured from sea buckthorn fruit are sold in considerable numbers. However, it is difficult to harvest sea buckthorn fruit; consequently there is a lack of supply. The objective of this study is to clarify the distribution and supply situation of sea buckthorn in Northeast China, and to identify a method of increasing supply and remedy the existing problem."
本文を読む

https://ir.kagoshima-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9125&item_no=1&attribute_id=16&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報