Departmental Bulletin Paper 科学領域の熟達者のアナロジーの使用方法 : 問題解決および科学的な探究過程に着目して
The Way of Using Analogy by Experts in Scientific fields: Focusing on Problem Solving and Scientific Inquiry Process
カガク リョウイキ ノ ジュクタツシャ ノ アナロジー ノ シヨウ ホウホウ : モンダイ カイケツ オヨビ カガクテキナ タンキュウ カテイ ニ チャクモクシテ

"内ノ倉, 真吾"

Description
理科教育におけるアナロジーによる理科教授法の開発に向けて,問題解決および科学的な探究過程に着目して,アナロジーの目的・機能,アナロジーの生成,アナロジーの評価,アナロジーの内容領域,アナロジー使用とその環境の観点から,科学領域の熟達者のアナロジーの使用方法を特徴付けた。科学者は,科学的な探究の過程や問題解決の過程において,自発的にアナロジーを使用し,問題の解決や状況の改善を試みようとしていた。そして,そのアナロジーの使用の過程は,力動的でありアナロジーの生成・評価・修正の過程が一体的に遂行されていた。さらには,思考実験などの他の思考様式との併用が見られるなど,初心者と比べて,動的な活用過程であった。
Full-Text

https://ir.kagoshima-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=13291&item_no=1&attribute_id=16&file_no=1

Number of accesses :  

Other information