紀要論文 発達障害児を持つ母親の育児ストレス : 児童発達支援事業所における調査の解析
Parenting stress in mothers of children with developmental disorders: A survey analysis at child development support center
ハッタツ ショウガイジ オ モツ ハハオヤ ノ イクジ ストレス : ジドウ ハッタツ シエン ジギョウショ ニオケル チョウサ ノ カイセキ

井上, 和博  ,  柳田, 信彦  ,  窪田, 正大  ,  深野, 佳和  ,  赤崎, 安昭

内容記述
本研究の目的は、発達障害児を持つ母親の育児ストレスの状態、および育児ストレスの程度と関連する諸要因との関係を明らかにすることである。児童発達支援事業所に通う子供の母親132名を対象に、母親の育児ストレス、対処行動、母親役割、子どもの問題行動、ソーシャル・サポートについて調査した。その結果、育児そのものへの否定的な感情はあまり抱いていないが、社会的活動の制限や子供の問題行動に対してストレスを感じていた。また。育児ストレスの程度(高ストレス・低ストレス群)と関連要因との関係では、その影響の度合いが要因によって異なることが明らかになった。つまり、育児ストレスには子どもの問題行動の状態および母親役割達成感が関与しており、適切なサポートが必要であることが示唆された。
This study aimed to elucidate the relationship between the state of parenting stress, and various factors associated with stress in mothers of children with developmental disorders. A total of 132 mothers whose children attended child development support center participated and were surveyed regarding their parenting stress, coping behavior, and maternal role; the child's problem behavior; and social support. The mothers expressed few negative emotions associated with parenting itself, but felt stressed due to social activity restrictions and the child's problem behavior. Furthermore, in the relationship between the level of parenting stress (low and high groups) and the various factors associated with such stress, the degree of influence varied depending on the factor. This suggests that, since parenting stress results mainly from the child's problem behavior and perceived sense of accomplishment in the maternal role, appropriate support to address these areas is necessary.
本文を読む

https://ir.kagoshima-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6118&item_no=1&attribute_id=16&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報