Journal Article 中国東北地区における沙棘の生産形態および取引構造 : 遼寧省を事例として
チュウゴク トウホク チク ニオケル サジー ノ セイサン ケイタイ オヨビ トリヒキ コウゾウ : リョウネイショウ オ ジレイ トシテ
The Attributes of Production and Transaction of Sea buckthorn in North-East China

依, 柏州  ,  李, 哉泫  ,  YI, Baizhou  ,  LEE, Jaehyeon

66pp.45 - 52 , 2016 , 鹿児島大学 , カゴシマ, ダイガク , Kagoshima University
ISSN:24321885
NCID:AN00040603
Description
近年,中国における経済発展と人々の健康意識の高まりに伴って,健康機能性が認められる沙棘食品の需要が急速に増加している。そうした中で,野生に生息する沙棘のみでは,その作業の非効率性と供給量の限定により,近年は園地において管理されている栽培沙棘の作付面積が拡大している。しかしながら,沙棘栽培の実態や流通とりわけ加工を必要とする沙棘がどのように取引されているかは不明なままである。そこで,本論文では,中国遼寧省における沙棘農家の生産および販売形態をサーベイした後に,農家の生産・販売形態の類型別の比較を通して,各々の類型間に見られるメリットとデメリットを分析した。
In recent years, the efficacy of Sea buckthorn production has attracted a great deal of public attention in China's economic development. At the same time, there is increased attention in the awareness of the health benefits of Sea buckthorn causing a desire for an increase in its production. Due to the shortage and difficulty in harvesting Sea buckthorn, cultivated Sea buckthorn has become a necessity. The number of farmers who plant Sea buckthorn has increased. There are a number of types of production of Sea buckthorn in Liaoning Province. This paper attempts to compare and clarify the types of Sea buckthorn production, and illustrate the advantages and disadvantages of each production type.
Full-Text

http://ir.kagoshima-u.ac.jp/bitstream/10232/26443/2/Vol66, p45-52.pdf

Number of accesses :  

Other information