Departmental Bulletin Paper ソーシャルビジネスによる農産物ネット販売の展開 : 熊本県における事例「えと菜園」を中心に
"The Development of Social Business Selling Agricultural Food through E-commerce: A case study of the company ""Etonaen"" in Kumamoto Prefecture"
ソーシャル ビジネス ニヨル ノウサンブツ ネット ハンバイ ノ テンカイ : クマモトケン ニオケル ジレイ 「エト サイエン」 オ チュウシンニ

"樊, 帆  ,  秋山, 邦裕"

Description
近年、ビジネスの手法を用いて様々な社会的課題を解決するソーシャルビジネスが注目されている。ソーシャルビジネスによる農産物ネット販売は新たな取り組みである。社会的課題の解決に取り組むとともに、自らの力で資金供給の流れを作り出すという持続的な「事業性」の追求が重要なポイントになっている。本研究は、ソーシャルビジネスによる農産物ネット販売の事例の取り組みと実績を明らかにし、事例の社会性と事業性を考察した。
"Recently, utilizing business methods as a means to solving social problems has attracted much attention. This is a new system of social business that sells agricultural products via the internet (E-commerce). However, in the current situation, whilst it is important to address social problems through social business, it is also vital to maintain the sustainable economic development of a business. We investigated one case of agricultural social business in e-commerce in Kumamoto Prefecture in Japan. In this study, research interviews have been conducted in order to clarify the process of establishing collaboration and a management mechanism, in addition to a discussion on the sociability and feasibility of this case."
Full-Text

https://ir.kagoshima-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3139&item_no=1&attribute_id=16&file_no=1

Number of accesses :  

Other information