紀要論文 口永良部島における情報通信基盤の現状と今後の整備可能性
Current Status and Future Potential of Broadband Infrastructure Development on Kuchinoerabujima Island
クチノエラブジマ ニオケル ジョウホウ ツウシン キバン ノ ゲンジョウ ト コンゴ ノ セイビ カノウセイ

"升屋, 正人"

56pp.53 - 56 , 鹿児島大学
ISSN:13450441
NII書誌ID(NCID):AN1013531X
内容記述
超高速ブロードバンドの整備が全国的に進む一方で、小規模な離島や山間部など地理的条件が不利な地域では未だブロードバンドの恩恵を受けることができない地域が多い。屋久島町の口永良部島もその一つである。口永良部島におけるブロードバンドの必要性および将来の利活用可能性について、現在の情報通信基盤の状況を調べることで明らかにするとともに、ブロードバンド整備を行う場合の複数の方法について比較検討する。
本文を読む

https://ir.kagoshima-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3092&item_no=1&attribute_id=16&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報