紀要論文 屋久島と種子島の魚類相調査
Ichthyofaunal Surveys in Yakushima and Tanegashima Islands
ヤクシマ ト タネガシマ ノ ギョルイソウ チョウサ

"小枝, 圭太  ,  吉田, 朋弘  ,  田代, 郷国  ,  本村, 浩之"

56pp.41 - 44 , 鹿児島大学
ISSN:13450441
NII書誌ID(NCID):AN1013531X
内容記述
2014年9月16日から22日にかけて種子島、2014年12月25日から28日にかけて屋久島において潜水、釣りによる標本採集と市場での標本採集を併せた魚類相調査を行った。その結果、種子島から192種429個体、屋久島から54種82個体が採集された。このうち、種子島から採集されたウミヒゴイ属の1種は日本未記載種、屋久島で採取されたアゴアマダイ属の異種は、既知の同属他種には同定できないことから未記載種(新種)であると考えられる。
本文を読む

https://ir.kagoshima-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9045&item_no=1&attribute_id=16&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報