Departmental Bulletin Paper 地方都市周辺における経済中心性の射程と立地制約 : 薩摩川内市域に見るコミュニティビジネスのポテンシャル
チホウ トシ シュウヘン ニオケル ケイザイ チュウシンセイ ノ シャテイ ト リッチ セイヤク : サツマ センダイ シイキ ニ ミル コミュニティ ビジネス ノ ポテンシャル
Economic centricity in small communities and their geographical constraints: Case study of community business potentalities in Satsumasendai

髙野, 哲也  ,  タカノ, テツヤ  ,  TAKANO, Tetsuya

12pp.133 - 158 , 2015-03-27 , 鹿児島大学 , カゴシマ ダイガク , Kagoshima University
ISSN:13490699
NCID:AA11950379
Description
The purpose of this paper is to suggest a realistic policy to sustain non-city rural communities through a case study of the rural districts in Satsumasendai, Kagoshima Prefecture. Contrary to common belief that not only relatively small-scale countries such as Japan but also small rural communities are out of reach of the center system theory, the novelty of this case study illustrates there is a possibility to deal with centricity in smallscale communities. This point leads us to evolve a center system theory to be able to redefine small community business through the argument about evenly placed small business activities, which are an underlying foundation of the theory. Small community businesses in this case study make the most of regional resources, and play a significant role in maintaining local population to a certain degree. This case study focuses on four rural towns in the eastern part of the municipality of Satsumasendai, namely Hiwaki, Iriki, Kedoin and Tōgō. These towns were chosen because: 1) we can extract specific location regulations or patterns of small-scale business activities, and 2) we can examine the sustainability of depopulating areas from the viewpoint of private goods or services. Usually, it is not easy to foresee the continuation of autonomous management bodies if they do not meet certain economic geography conditions.
本論文の目的は,人口減少が進む非都市域のコミュニティを消滅させない現実的な方策を探求することである。そのため,過疎地域のモデル例として薩摩川内市の郡部を選び,経済活動の指標として小規模な経済経営の立地にどのような規則性があるか吟味し,人口減少が進む地域における民間財・サービス面から地域の存立可能性を明らかにする。経済地理学から見た一定の要件を満たさなければ,通常,自立的な経営体の存続見通しは立たない。分析の対象を生活に必需的でかつ移出性のない財サービス提供の経済経営体として,本土過疎市域において,それぞれの町に包含される等間隔分布性の検証という切り口を採用する。分析基軸として用いる概念は,経済距離の供給原理にもとづいた中心地システム論である。本稿では中心性が対象フィールドに存在すると想定し,中心地システム論の基礎にある等間隔分布性でコミュニティビジネスを再定義することを企図する。どうにか人々がそこに定住することを支えているのは小さな経済経営で,それが無くなれば定住の要件を失うことになろう。薩摩川内市東部の樋脇,入来,東郷,祁答院は,モデルとしては過疎地域と位置づけられる。平成の大合併から4町が統合され,甑島を含むと県内最大の行政面積を有する鹿児島県の北西部にある薩摩川内市の周辺地域は,旧役場が支所となり政策及び経済機能が縮小する。日本の地方を見渡せば,人口が下降局面に入る中,特に,非都市地域において過疎化,少子化の進行は顕著であるばかりか,機能の維持存続すら危ぶまれている。過疎化する地域社会において,条件次第で成立するビジネスが存在するかもしれない。本稿は,地域社会の問題に地域資源を活かしながらビジネス手法で解消させるために地域から必要とされて,地域によって支えられている経営をコミュニティビジネスと定義する。経営体の等間隔分布性に依拠して,地域における人々の生活を考察し,人口減少が進む地域における民間財・サービス面からの存立可能性を探る。
Full-Text

http://ir.kagoshima-u.ac.jp/bitstream/10232/23104/2/p133-158_地域政策科学研究-第12号.pdf

Number of accesses :  

Other information