Departmental Bulletin Paper コーポレート・ファイナンスアプローチによる企業の多角化戦略の考察
コーポレート・ファイナンス アプローチ ニヨル キギョウ ノタカクカ センリャク ノ コウサツ
Diversification Strategy by Cross-Pledging: A Corporate Finance Approach

王, 鏡凱  ,  楊, 楽  ,  WANG, Jingkai  ,  YANG, Le

12pp.15 - 24 , 2015-03-27 , 鹿児島大学 , カゴシマ ダイガク , Kagoshima University
The purpose of this paper is to generalize the analysis of cross-pledging of multiple projects, by extending the model of Tirole [2006]. By the comparative analysis in the case of the number of projects n=1, n=2 and n>2, the study was to complement the existing research of diversification strategy along the view of corporate finance. Multinational companies and conglomerate companies that expand the diversification strategy can be used cross-pledging, as long as projects are independent of each other. As the number ofprojects n increases, the moral hazard problem of entrepreneur is relaxed, which is also improved entrepreneurs’ borrowing capacity, because of the independence of multiple projects. In equilibrium, theincome and investment scale of the entrepreneur in the case of the number of projects n>2 is greater than the case of the number of projects n=2. And also, in equilibrium, the entrepreneur is to maximize her utility by investing all her own funds to projects.
本論文ではTirole [2006]に基づき,複数のプロジェクトによるクロス担保の分析を一般化した。基本モデルのプロジェクトの数n-1の場合,n=2の場合とn>2の場合を比較分析することで,多角化戦略の既存研究をコーポレート・ファイナンスの観点から補完した。企業の多角化戦略を展開する多国籍企業やコングロマリット企業では,複数のプロジェクト事業が互いに独立であれば,クロス担保が利用できる。プロジェクトの独立性により,プロジェクトの数nが大きくなるにしたがって,企業家のモラルハザード問題は緩和され,企業家の借入能力も向上する。最適解において企業家の収入,投資規模と効用が,n>2の場合はn=2の場合より大きいことが分かる。均衡において企業家は自己資金Aをすべて投資に回すことで彼の効用を最大化している。

Number of accesses :  

Other information