紀要論文 リーダー業務を1・2年経験した看護職のリーダー役割の実態
Actual Situation of the Leader Role of Nurses Who Experienced 1 or 2 Years Leader Work
リーダーギョウム オ 1・2ネン ケイケン シタ カンゴショク ノ リーダーヤクワリ ノ ジッタイ

泉, 絵理子  ,  北郷, 美穂  ,  梶谷, 弘美

40pp.77 - 83 , 2018-03-31 , 島根大学医学部
ISSN:1880084X
NII書誌ID(NCID):AA12049432
内容記述
本研究の目的は、リーダーを始めて間もない看護職が実践できていることや、困難に感じていることを明らかにし、今後のリーダー役割に対する効果的な支援の在り方について検討することである。A病院で2015(平成27)年度、2016(平成28)年度にリーダー研修を受けた、リーダー経験1・2年目の看護職を対象とし、アンケート調査を行った。その結果、『ミーティング』については、カンファレンスの運営に対して困難に感じており、普段からメンバーが発言しやすい雰囲気づくりを先輩看護職が見せていく必要があると考える。『コーチング』については、経験年数の少なさがリーダーへの自信のなさ、指導的関わりへの困難感につながっているため、それに対してリーダーの経験機会を増やすだけでなく、先輩からフィードバックしてもらえるフォロー体制を整えていく必要があると考える。『業務改善』については、リーダー経験1年目より2年目の方が自信を持って行っており、リーダー経験を積むことで、業務改善のプロセスや業務改善を行うための方法についての能力が培われていると分かった。また困難に感じている項目については、教育支援室や教育委員会を通じてリーダー研修のプログラムに反映させていくことが望ましい。
本文を読む

http://ir.lib.shimane-u.ac.jp/files/public/4/40822/20180409135409870287/紀要40 pp.77-83.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報