Departmental Bulletin Paper 介護老人保健施設職員の転倒リスクの捉え方と多職種連携に対する認識
Recognizing the Risk of Falls and Cooperation With Multi-occupation in Care Health Facility
カイゴロウジンホケンシセツショクイン ノ テントウリスク ノ トラエカタ ト タショクシュレンケイ ニ タイスル ニンシキ

福岡, 理英  ,  岩佐, 穂那美  ,  小笹, 美子  ,  小桜, 彩絢  ,  森重, 佑香  ,  森岡, 咲紀

40pp.53 - 57 , 2018-03-31 , 島根大学医学部
ISSN:1880084X
NCID:AA12049432
Description
本研究の目的は、多職種がそれぞれどのような視点で転倒リスクを捉え、多職種連携による転倒防止についてどのような考え方を持っているのかを明らかにすることである。研究協力者は、A県内の入所及び通所サービスを提供する介護老人保健施設Bに勤務し、入所サービス提供に携わっており、転倒リスクの判断力を備えていると想定される看護師3名、理学療法士3名、介護士3名とした。構成的インタビューを行い、内容分析法を用いてインタビューの結果を意味の類似性により分類した。その結果、看護師と介護士は対象者の生活や認知面を重視し、理学療法士は対象者の機能・能力面を重視することが明らかになった。多職種が連携しやすい環境の基盤は、各職種の専門性の理解をしていること、物理的距離が近いこと、一緒にケアをする機会があること、平等な関係だと自覚していること、日頃から相談しやすい人間関係が築かれていることであると示唆された。
Full-Text

http://ir.lib.shimane-u.ac.jp/files/public/4/40819/20180409133524975084/紀要40 pp.53-57.pdf

Number of accesses :  

Other information