紀要論文 鹿児島県甑島里方言の終助詞
Sentence Final Particles in the Sato Dialect of Koshikijima Islands, Kagoshima
カゴシマケン コシキジマ サトホウゲン ノ シュウジョシ

白岩, 広行  ,  門屋, 飛央  ,  野間, 純平  ,  松丸, 真大

29pp.187 - 215 , 2017-02 , 大阪大学大学院文学研究科日本語学講座
ISSN:09162135
NII書誌ID(NCID):AN10106606
内容記述
本稿では、甑島里方言の終助詞全般について包括的な記述を試みた。平叙文に生起する終助詞には、ア、ター、ガ、ド、ヨ、ソ、ナがある(このうちヨ、ソ、ナは平叙文以外にも生起可能)。これらの終助詞が相互に承接する場合、おおむねア・ター・ガ・ド/ヨ・ソ/ナの順で、ヨ・ソがア・ター・ガ・ドの後に、ナがさらにその後に位置する。意味的な特徴もふまえると、アは標準語の「わ」、ターは「じゃないか」、ガは「じゃないか」と「よ」、ドは「ぞ」、ヨは「よ」、ナは「な」に似たものと考えられる。また、ソは非文末で間投助詞として使われることが多い。疑問文に生起する終助詞にはカ、ナがある。カが独話的な疑いを表すのに対し、ナは聞き手への問いかけで使われる。このほか、勧誘文だけに生起する終助詞ヤがある。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報