紀要論文 児童の自尊感情を高めるための支援の在り方 : ロールプレイングを取り入れた授業実践を通して
ジドウ ノ ジソン カンジョウ オ タカメル タメ ノ シエン ノ アリカタ : ロールプレイング オ トリイレタ ジュギョウ ジッセン オ トオシテ
A Study on the Teaching Practice to enhance the Self-Esteem of Elementary School Students by Role-Playing

橋本, 洋子

内容記述
本研究は,児童の自尊感情を高めていくための支援の在り方を,ロールプレイング(RP)を手法として取り入れた授業形態を考案し,授業実践を通してその有用性を検討していくことを目的とした。一次研究では, 3人一組によるRPを手法として取り入れた授業(道徳・学級活動)の全体計画及び指導案を作成し小規摸校6年生を対象に授業実践を行った。3人一組によるRP体験を通して自己理解や他者理解が促進されたことが推察された。また,課題として自分のよさに気づくための手立ての工夫が示された。二次研究では指導案の修正を行い, RP体験後の振り返りに修正を加え,大規模校6年生を対象に授業実践を行った。自尊感情評価尺度,他者理解アンケートにおいて有意差が認められ,児童の振り返りから,自分のよさへの気づきが促進されたことが示唆された。3人一組によるRPを手法として取り入れた授業は,児童の自己理解や他者理解を促進し,児童の自尊感情を高めていくための手立てとして一定の効果をもたらす可能性が示された。
本文を読む

http://ir.lib.shimane-u.ac.jp/bull/bull.pl?id=9128

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報