Departmental Bulletin Paper 日本の中学校理科教科書に見られる学習内容構造の特徴 : 『Science』における学習内容構造を手がかりとして
ニホン ノ チュウガッコウ リカ キョウカショ ニ ミラレル ガクシュウ ナイヨウ コウゾウ ノ トクチョウ : Science ニ オケル ガクシュウ ナイヨウ コウゾウ オ テガカリ トシテ
Characteristic of the Structure of Learning Contents in the Japanese Junior High School Science Textbooks : Referring to the Structure of Learning Contents of ”Science”

園山, 裕之  ,  御園, 真史  ,  栢野, 彰秀

49pp.55 - 67 , 2015-12-22 , 島根大学教育学部
ISSN:18808581
NCID:AA12171265
Description
アメリカの初等科学教科書の一つである『Science Grade 6』には4種類の学習内容構造が明示されている。4種類の学習内容構造に基づいて日本の中学校理科教科書「電流とその利用」単元における学習内容構造を図に表して分析・検討を加えた。その結果,日本の教科書に見られる学習内容構造には,直接的に中心となる科学的知識に至る4パターンと組み合わせて中心となる科学的知識に至る16パターンを合わせた最大20パターンのうち12パターンが見られた。そして,日本の教科書それぞれで学習内容構造の適用パターンが異なっていた。さらに,5つの日本の教科書とも「主な考えと詳細」の学習内容構造を用いている学習内容が多く見られた。
Full-Text

http://ir.lib.shimane-u.ac.jp/bull/bull.pl?id=9021

Number of accesses :  

Other information