Thesis or Dissertation 急激な身長増加を契機に診断された小児精巣Leydig 細胞腫の 一例
Leydig Cell Tumor Diagnosed by Rapid Increase in Height

小針, 靖子  ,  髙橋, 舞  ,  髙野, 洋子  ,  前田, 昇三  ,  牧野, 武朗  ,  悦永, 徹  ,  齊藤, 佳隆  ,  竹澤, 豊  ,  小林, 幹男

67 ( 4 )  , pp.353 - 357 , 2017-11-01 , 北関東医学会
ISSN:1343-2826
NCID:AN10585677
Description
急激な身長の増加と陰茎肥大を主訴に受診し, Leydig 細胞腫と診断された5歳男児例を報告する. 初診時, 身長128.0 cm(+4.95 SD), 体重26.7 kg (+3.60 SD),骨年齢9 歳7ヵ月,精巣容量右6 ml,左4 ml,陰茎長9 cm,血中testosterone 3.40 ng/mL,LH<0.10 IU/mL,FSH<0.20 IU/mL であり,ゴナドトロピン非依存性思春期早発症と診断した.エコーおよびMRI にて右精巣に腫瘤を認めた. 右高位精巣摘出術を施行し, 組織学的にLeydig 細胞腫と診断した.摘出術後,成長率は正常化し,testosterone値は測定感度以下に低下した.
Full-Text

https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/11644/1/67_353.pdf

Number of accesses :  

Other information