学位論文 ケイ酸を含む温泉水の飲用による健康関連指標に関する効果の検討
An Examination of the Health Effects of Drinking Hot Spring Water that Includes Silica

白石, 卓也  ,  竹島, 太郎  ,  小谷, 和彦

67 ( 3 )  , pp.207 - 211 , 2017-08-01 , 北関東医学会
ISSN:1343-2826
NII書誌ID(NCID):AN10585677
内容記述
目的:ミネラルの豊富な温泉水を飲む飲泉は温泉療法のひとつである. 群馬県上野村にあるしおじの湯の温泉水はケイ酸を豊富に含んでいるため,健康保持・増進に寄与すると思われて地域住民に飲用されている.そこで,この飲泉による健康関連指標に関する調査を行い, その効果について検証した.方法:飲泉習慣のない成人に対して飲泉試験への参加を公募した後, 飲泉群(80名) と飲泉しない対照群(31名) で比較検討した.飲泉群は,しおじの湯の温泉水500 mL を, 4週間に渡って1日3回(食間) の頻度で飲用した.飲泉期間前後で自己記入式質問票ならびにGastrointestinal Symptom Rating Scale (日本語版) を用いて健康関連指標の変化について評価した. 対照群にも飲泉群と同様に調査した.結果:飲泉群と対照群を比較したところ, 飲泉群には脱毛および便臭で有意なスコアの改善がみられた.結語:ケイ酸を含む温泉水(しおじの湯)の飲泉は,脱毛や便臭のような健康改善に寄与する可能性はあるが,これは予備試験の結果に過ぎず, ランダム化比較試験を行ってさらに検討していきたい.
本文を読む

https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/11484/1/67_207.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報