学術雑誌論文 腹壁の皮下に発生したatypical lipomatous tumorの1例
A Case of Atypical Lipomatous Tumor in Abdominal Wall

室谷, 研  ,  Muroya, Ken  ,  堤, 裕史  ,  Tsutsumi, Hirofumi  ,  星野, 弘毅  ,  Hoshino, Kouki  ,  橋本, 直樹  ,  Hashimoto, Naoki  ,  岩﨑, 茂  ,  Iwazaki, Shigeru

67 ( 2 )  , pp.163 - 167 , 2017-05-01 , 北関東医学会
ISSN:1343-2826
NII書誌ID(NCID):AN10585677
内容記述
症例は47歳,男性.人間ドッグで左下腹部に手拳大の皮下腫瘤を指摘され,その後増大傾向になり来院.初診時約8 cm大の弾性軟の腫瘤を認めた. MRI T1, T2強調画像にて内部不均一な高信号を呈する腫瘤を認めた. 画像所見より悪性腫瘤の可能性を考え充分に剥離marginをとり完全切除した. 腫瘤は肉眼的には脂肪組織に被包された境界明瞭で淡い黄色を呈していた. 組織学的には脂肪細胞にわずかに核腫大が見られた. 核には若干の異型があるが全体像では核分裂像はほとんど見られずatypical lipomatous tumor (ALT) と診断した. ALT は臨床的に良性脂肪性腫瘍との鑑別が難しく, 四肢や後腹膜に好発する腫瘍であるが, 腹部の皮下に発生することは稀である. 不完全切除の場合局所再発する可能があるため, 比較的大型な皮下腫瘤ではALT の可能性も考え完全切除をする必要があると思われる.
本文を読む

https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/11207/1/67_163.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報