学位論文 看護職がインシデント・アクシデントを繰り返す要因に関する研究

中村, 美香  ,  近藤, 浩子  ,  岩永, 喜久子  ,  今井, 裕子  ,  杉田, 歩美  ,  須川, 美枝子  ,  永井, 弥生

66 ( 4 )  , pp.279 - 288 , 2016-11-01 , 北関東医学会
ISSN:1343-2826
NII書誌ID(NCID):AN10585677
内容記述
【目的】看護職がインシデント・アクシデントを繰り返し起こす要因を明らかにする. 【方法】インシデント・アクシデントに関する先行研究の質問項目を参考にして, 質問紙を作成した. 急性期病院1施設の看護職689 名に対して, 無記名自記式質問紙調査を実施した. 対象者を6か月間のインシデント・アクシデントの頻度によって3群(0回, 1~2回, 3回以上) に分け,インシデント・アクシデントに関連する質問の項目平均得点を比較した. 【結果】有効回答は461名(有効回答率92.9%) であった.「不安・緊張」,「混乱」,「抑うつ」,「従順な性格特性」,「判断力の不足」,「連携不足」,「過酷な勤務状況」, 「業務多忙」の8項目の項目平均得点は, インシデント・アクシデントが3回以上の群が有意に高かった(p<0.05~0.001). 【結語】看護職のインシデント・アクシデントの頻度は,これらの8項目と関連していた.よって,これらの項目はインシデント・アクシデントのリスクを把握するスクリーニング項目として活用可能であることが示唆された.
本文を読む

https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/10445/1/66_279.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報