Journal Article アルコール多飲による低カリウム血症性ミオパチーの1例
A Case of Alcoholic Hypokalemic M yopathy Caused by Excessive Alcohol Consumption

金子, 稔  ,  萩原, 周一  ,  青木, 誠  ,  村田, 将人  ,  中島, 潤  ,  神戸, 将彦  ,  田村, 遵一  ,  大嶋, 清宏

65 ( 4 )  , pp.299 - 302 , 2015-11-01 , 北関東医学会
ISSN:1343-2826
NCID:AN10585677
Description
症例は67歳, 男性. アルコール多飲者で入院3年前から1日7~ 8回と頻回の下痢があり近医で止痢剤と整腸剤を処方されていた.入院1日前から全身脱力感を自覚し,その後歩行困難となったため当院に救急搬送された.来院時,手指尖部に軽度痺れがあったが立位不可能で座位保持も困難な状況であった.血液検査では低カリウム血症(K 2.1 mEq/l)とクレアチンキナーゼ上昇(CK 3,836 U/L) を認めたが各種ホルモン検査は正常であった. 入院後も頻回の下痢を認めたが, 絶食およびカリウム補正を行ったところ血清カリウム値は正常化し, それに伴い下痢や脱力感およびCK 値も改善した. 第7病日に退院となった.低カリウム血症は致死的に成り得, また低カリウム血症性ミオパチーの鑑別は多岐にわたるため, 確実にカリウム補正を行いながら原因検索を進めることが肝要である.緒
Full-Text

https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/9821/1/65_299.pdf

Number of accesses :  

Other information