Journal Article 腹腔鏡下胆囊摘出術後に胆汁漏が遷延した1例
A Case of Prolonged Bile Leakage after Laparoscopic Cholecystectomy

高橋, 真治  ,  金村, 秀  ,  佐々木, 秀雄  ,  中山, 弘道  ,  呉屋, 朝幸

65 ( 4 )  , pp.291 - 297 , 2015-11-01 , 北関東医学会
ISSN:1343-2826
NCID:AN10585677
Description
腹腔鏡下胆囊摘出術後の胆汁漏はおよそ2%であるが, 多くは術中に留置した腹腔内ドレーンによるドレナージのみで治癒し, 内視鏡的ドレナージが必要になるケースは少ない. さらに内視鏡的ドレナージが施行されるような症例においても,その多くは早期に治癒するため胆汁漏が遷延することを経験することは比較的まれであると思われる. しかし例え少数ながらでも胆汁漏が遷延する場合もあることを念頭におくことは術後胆汁漏の治療戦略をたてる上で重要である. 今回我々は胆汁漏が遷延したもののENBD による胆道造影により正確な状況判断を行うことが出来, 保存的治療にて治癒した1例を経験したので報告する.
Full-Text

https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/9820/1/65_291.pdf

Number of accesses :  

Other information