Journal Article 蛋白同化ホルモン, 免疫抑制剤, ビタミンD・Kに反応しない低 リスク骨髄異形成症候群に対して, azacitidine を長期継続投与中の高齢男性
Treatment-Recalcitrant Lower-risk M yelodysplastic Syndrome Successfully Treated with Long-term Azacitidine in an Elderly M ale

石垣, 太郎

65 ( 3 )  , pp.193 - 197 , 2015-08-01 , 北関東医学会
ISSN:1343-2826
NCID:AN10585677
Description
症例は現在70歳の男性. 60歳時に白血球低値を指摘され, 骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndrome, MDS), Refractoryanemia with excess blasts-1 (RAEB-1), International Prognostic Scoring System Intermediate-1 (IPSS Int-1)と診断された.蛋白同化ホルモン,免疫抑制剤,ビタミンD・K による治療は奏功せず,血小板減少が進行した. 66歳の時点で血小板数3.2万(/μL),病型はRefractory cytopenia with multilineage dysplasia (RCMD),IPSS Int-1であった.経過観察・輸血を選択した場合,予後の改善は見込めないと判断し, azacitidineの投与を開始したところ,血小板数の回復,骨髄所見の改善が認められた. 現在, 45サイクルを終了し, 経過良好にて継続治療中である.本症例の治療経過から,従来の治療で奏功しない低リスクMDSではAzacitidineの投与を積極的に検討するべきであることが示唆された.
Full-Text

https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/9683/1/65_193.pdf

Number of accesses :  

Other information