紀要論文 ラジカルイオンの化学 -一化学徒のアメリカでの研究史から-

赤羽, 良一

3pp.77 - 89 , 2017-03-01 , 長崎大学教育学部
ISSN:21885389
内容記述
本稿では,長く研究を行ってきたラジカルカチオンという活性中間体の化学について論ずる。具体的には,アメリカの大学でその研究に参加した経験をもとに,二重結合を持つ分子のラジカルカチオンと分子状酸素との反応の発見とその機構の解明の過程について述べる。また,大きな変革期を迎えている日本の大学のあり方に示唆を得るべく,日本とはそのあり方が大きく異なるアメリカの研究大学での日常とそれを支える制度的背景についても,若干の考察を試みることとしたい。
本文を読む

http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10069/37502/1/shizenkagaku84_77.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報