紀要論文 The Development of Tea in Japan from Kissa to Chanoyu - The Relationship between the Warrior Class and Tea -

Yamashita, Noboru

4pp.83 - 103 , 2016-03-01 , 長崎大学言語教育研究センター
ISSN:21876096
内容記述
お茶は、和尚達により中国から日本へ紹介されたことが、一般知識であると考えられる。しかし、お茶の喫茶から、茶の湯への発展に関しての武家社会の関わりは、詳しく知られていない。この論文は、足利将軍家、織田信長、豊臣秀吉、千利休、そして、利休の後継者である古田織部を紹介し、彼らのお茶の発展への役割に関して論ずる。
The fact that tea was first introduced from China to Japan by Buddhist monks is common knowledge. However, the role played by the warrior class in its development from simple tea consumption or ‘kissa’ to ‘chanoyu’ is not very widely known. This paper will discuss the roles played by the Ashikaga shogun family, Oda Nobunaga, Toyotomi Hideyoshi, Sen-no-Rikyû and Rikyû’s successor Furuta Oribe in this development of tea.
本文を読む

http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10069/36384/1/JCLS4_83.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報