Journal Article 化学発光HPLCによる血漿中パラコート及びジクワットの同時定量

新藤, 敬梧  ,  岸川, 直哉  ,  大山, 要  ,  黒田, 直敬

64 ( 8 )  , pp.581 - 587 , 2015-09-03 , 日本分析化学会
ISSN:05251931
Description
パラコート及びジクワットは世界中で広く利用されている除草剤であるが,ヒトに対しても強い毒性を示す化合物である.本研究では,パラコート及びジクワットの同時定量を目的として,これらの毒性発現機構である活性酸素発生能を利用する高速液体クロマトグラフィー(HPLC)化学発光定量法の開発を行った.本法は,シリカカラムを用いたHPLCにより分離したパラコート及びジクワットに,還元剤ジチオスレイトールを混合し,これにより生じる活性酸素をルミノールにより化学発光検出するという方法である.開発したHPLCシステムにおいて,パラコート及びジクワットはそれぞれ保持時間16.0及び13.0分に検出され,その検出下限(S/N=3)はそれぞれ40及び53 nMであった.本法をヒト血漿しょう中のパラコート及びジクワットの測定へと応用した結果,50% トリクロロ酢酸の添加による除タンパク操作のみで,血漿成分の影響を受けることなく選択的にこれらの化合物を定量可能であった.
Paraquat and diquat are most widely used herbicides, but they have significant acute toxicity to humans. The aim of the present study is to develop a high-performance liquid chromatography (HPLC)-chemiluminescence (CL) detection system that allows simultaneous determinations of paraquat and diquat. The proposed HPLC-CL method is useful to evaluate health risk and origin of paraquat and diquat. Paraquat and diquat are separated by silica-gel HPLC, and CL detection is based on the luminol-detecting CL of superoxide anion radicals, which are generated by the redox cycle reaction between paraquat or diquat and dithiothreitol. Under the optimum conditions, paraquat and diquat were detected at 16.0 and 13.0 min, respectively, and the limit of detection (S/N = 3) was 40 nM for paraquat and 53 nM for diquat. Using the proposed HPLC-CL method, the peaks corresponding to paraquat and diquat in human plasma could be selectively detected on chromatograms without any interference from plasma components by simple deproteinization with 50% trichloroacetic acid.
Full-Text

http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10069/35868/1/BunKag64_581.pdf

Number of accesses :  

Other information