Departmental Bulletin Paper 明治31年青森町における政治家ネットワークの研究 ─ 政党派閥における人間関係濃淡の数値化の視点から ─
The research on political faction networks in the Aomori city 1898:from a viewpoint of digitizing the political party factions

南, 勉

13pp.63 - 76 , 2017-03-21 , 弘前大学大学院地域社会研究科
ISSN:1349-8282
NCID:AA12016218
Description
明治30年における青森町議会議員個人のもつ人間関係の濃淡を数値化し、政党派閥のもつ結束の強弱に変えて、その数値と順位を具体的に示したのが本稿の趣旨である。議員である政治家の、企業家としての人脈の強さの数値を議員の共有項に加えて、政治の派閥の絆の深さを数値化している。結論として、人数だけの派閥の力関係は、要素ネットによる派閥間の絆の深さを反映した力関係とは異なることが示された。 The definition of the element net was extended with improvement in this paper and the humanrelations of politicians were replaced with the strength of the factions of a party. So they weredrawn by an element net in conclusion.This report means the powers of politics in the Aomori city 1897 and it was calculated in an element net not a number.
Full-Text

http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10129/6296/1/RegionalStudies_13_63.pdf

Number of accesses :  

Other information