紀要論文 コロンブスと食人伝説カニバリズム
Columbus and Cannibalism Rhetoric

冨田, 晃

115 ( 1 )  , pp.79 - 81 , 2016-03-01 , 弘前大学教育学部
ISSN:0439-1713
NII書誌ID(NCID):AN00211590
内容記述
人が人を食べる習俗をカニバリズムという。「獰猛野蛮の極み」といったイメージをもつこの言葉は、コロンブスによってスペインに報告され、その後、人肉を食らう裸族の想像画をともないながらヨーロッパ世界に広がっていった。「新世界」を「発見」したコロンブスは、まだ見ぬ異民族に対し、マルコ・ポーロによるアジアの話や、ギリシャ神話といった自分がもっている知識を総動員して「人食い人種カニバル」を想像した。それは、コロンブスが、自らの業績を輝かせ、野蛮な人々にキリスト教を伝える義務感を、キリスト教世界の人々に与えるためのレトリックだった。
本文を読む

http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10129/6195/1/BFEduHirosaki_115_1_79.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報