紀要論文 プロフェッショナリズムの涵養を主題とした初年次教育科目「臨床医学入門」の試み
Education of Professionalism by “Introduction to Clinical Medicine” for 1st Grade Medical Students.

加藤, 博之  ,  松谷, 秀哉  ,  小林, 只  ,  大沢, 弘

11pp.31 - 37 , 2016-03-31 , 弘前大学21世紀教育センター
NII書誌ID(NCID):AA12137267
内容記述
【背景と目的】医学部1 年生に対し、入学後のモチベーションの低下を防ぎ、能動的な学習姿勢を修得させ、さらに医師のプロフェッショナリズムを涵養する教育方法は、未だ確立されたものがあるとは言い難い。本学では1 年次に「臨床医学入門」の授業を通年で行なって、この問題への対応に努めており、本稿では本科目の全体像について報告する。【対象と方法】1 年次学生を対象とし、平成21年度より開講している科目「臨床医学入門」は毎週水曜の午後行われる。教育方法は講義、実習、演習(ワークショップ)など多岐にわたる。授業内容としては、(1)「こんな医師になりたい」をテーマに作文を書き、同級生全員の前で自己紹介を兼ねて発表、(2)「患者さんの願いと医師が果たすべき役割」をテーマとしたワークショップ、(3)「弘前大学医学部の歩みとこれから」の講義、(4)アーリーエクスポージャー、(5)地域医療の最前線の医師による講義「現場の医療を知ろう」、(6)コミュニケーション実習「模擬患者さんと話してみよう」、(7)地元について知る講義「津軽学」、(8)まとめのワークショップ、などから成っている。これらの教育内容はいずれも、Intrapersonal professionalism、Interpersonalprofessionalism、Public professionalismの涵養に通じるものである。これらは医師になる者の基本であり、特に本学学生の約半数を占める地域枠入学者のPublic professionalismの修得は重視されている。【結論】プロフェッショナリズムの涵養に焦点を当てた初年次教育は、長期的な効果が期待できる。
本文を読む

http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10129/5829/1/21SeikiForum_11_31.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報