紀要論文 イタリア近代歌曲の興隆、その知られざる諸相から : 詩、ワグネリズモ、ピアニスト(前篇)
La prosperità della canzone italiana nell′epoca moderna: Dagli aspetti inesplorati: poesia, wagnerismo, e pianista

朝山, 奈津子  ,  森田, 学  ,  山田, 高誌

(114)  , pp.59 - 73 , 2015-10-09 , 弘前大学教育学部
ISSN:0439-1713
NII書誌ID(NCID):AN00211590
内容記述
20世紀初頭にイタリアで興隆したピアノ伴奏付独唱歌曲は従来、事典項目や音楽通史においていささか表面的に「ドイツ・リートの影響下で」確立したジャンルとされてきた。しかしその影響関係は、実際の響きや音楽形式からも、このジャンルに取り組んだ作曲家たちや詩人たちの創作活動からも、けっして自明ではない。そこで本論文は、両者の関係性を問い直した上で、このジャンルに対するドイツの影響を指摘しようと試みる。
本文を読む

http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10129/5772/1/BFEduHirosaki_114_59.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報