Thesis or Dissertation Role of protein kinase C in acetylcholine-induced Ca2+ influx under enhanced phospholipase C-δ1

Murakami, Kazuo

66 ( 1 )  , pp.22 - 27 , 2015-03-24
Description
冠攣縮性狭心症患者の皮膚線維芽細胞においてphospholipase C(PLC)-δ1活性は亢進しており、PLC-δ1過剰発現マウスでは冠攣縮が誘発されることを報告した。今回我々はPLC-δ1過剰発現下で、アセチルコリン誘発性カルシウム流入におけるprotein kinase C(PKC)の役割についてhuman embryonic kidney 293細胞を用いて検討した。アセチルコリン誘発性カルシウム流入はPLC-δ1過剰発現並びにPKCの抑制により優位に増加し,PKCの活性化により減少した。ニフェジピン存在下でのアセチルコリン誘発性カルシウム流入もPLC-δ1過剰発現並びにPKCの抑制により増加した。PKCはアセチルコリン誘発性カルシウム流入に対して負に作用し,ニフェジピン投与の影響をほとんど受けないことが示唆された。
http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/handle/10129/5559
Full-Text

https://hirosaki.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4134&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1

https://hirosaki.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4134&item_no=1&attribute_id=20&file_no=2

https://hirosaki.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4134&item_no=1&attribute_id=20&file_no=3

Number of accesses :  

Other information