Departmental Bulletin Paper 臨床実習中の医学生を対象とした肺音聴診シミュレータを用いた診察実習
Physical examination training using a lung-sound simulator for medical students during bedside learn

大沢, 弘  ,  加藤, 博之  ,  小林, 只  ,  松谷, 秀哉

10pp.43 - 48 , 2015-03-31 , 弘前大学21世紀教育センター
NCID:AA12137267
Description
臨床実習中の医学部5 年生を対象に、肺音聴診シミュレータ“Mr. Lung”を用いた診察実習の意義について検討した。はじめに肺音分類の概略を説明した後、正常呼吸音、2 種類の呼吸音の異常、8 種類の副雑音および声音振盪についてシミュレータでの診察を行わせ、最後に仮想症例の診察を1 症例ずつ課し聴診所見と鑑別診断を述べさせた。実習の前後で無記名式のアンケートを行い、各所見の理解度および実習の有用性について調査した。4 段階スコアによる理解度自己評価の平均値は、全項目実習後で有意に上昇した。難しいと感じた所見として胸膜摩擦音(25名)、スクォーク(19名)があげられた。本実習の有用性については全員が有用または非常に有用であると回答した。肺音聴診シミュレータを用いた診察実習は、臨床実習中の医学生の聴診技能の習得・向上に有用であることが示唆され、より効果的な実習内容や適切な評価方法の検討が必要と思われた。
Full-Text

http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10129/5523/1/21SeikiForum_10_43.pdf

Number of accesses :  

Other information