紀要論文 法科大学院の人材養成機能と就職支援 : 組織廃止を強要する政策提言への反論
Career Support Services for Japanese Law Schools : A Counterargument against Policies Forcing Institutional Abolishment

田中, 正弘

10pp.11 - 22 , 2015-03-31 , 弘前大学21世紀教育センター
NII書誌ID(NCID):AA12137267
内容記述
本稿は、法科大学院の定員削減・組織再編が政府主導で始まった理由を、法曹人口の問題および法曹の就活状況などの描写を通して探求してみたい。そして、法科大学院の定員削減・統廃合を推進するために、政府が望む評価基準に沿って人的物的支援の内容を改める問題や、認証評価の評価基準を政府の意向に従って改変する危うさを議論する。また、組織廃止を強要する政策提言への反論として、法科大学院の就職支援制度の充実と法曹養成に特化しない法科大学院のあり方を提案したい。なお、本稿は、これらの論証を目的として、独自に実施した質問紙調査や訪問調査の結果を活用する。
本文を読む

http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10129/5520/1/21SeikiForum_10_11.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報