紀要論文 学生の主体的な学修を促進するラーニングコモンズの環境整備と実践例 : 弘前大学附属図書館の場合
Learning commons promoting active learning : a case of Hirosaki University Library

郡, 千寿子

10pp.1 - 9 , 2015-03-31 , 弘前大学21世紀教育センター
NII書誌ID(NCID):AA12137267
内容記述
学生の主体的な学修促進のための環境整備の一例として、弘前大学附属図書館での状況を報告したものである。平成26年(2014)10月1 日、耐震改修工事を終えてリニューアルオープンした図書館の改修ポイントのひとつが、ラーニングスクエア(個別学習エリア)とラーニングスペース(グループ学習エリア)の拡充であった。学生が主体的に学ぶことを目的とした、能動的学習─アクティブ・ラーニング─を推進するための環境整備の一環であるが、その新スペースについての紹介を行った。図書館の環境整備の背景には、関連する提言や政策が存在するが、それらにも言及しつつ、弘前大学附属図書館の活用事例と授業実践例の試案を提示した。
本文を読む

http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10129/5518/1/21SeikiForum_10_1.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報