紀要論文 Change of Canonical Structure in Chern-Simons QED3 by Quantum Effect
Change of Canonical Structure in Chern-Simons QED3 by Quantum Effect

MATSUYAMA, Toyoki

66 ( 2 )  , pp.23 - 28 , 2017-11-30 , 奈良教育大学
ISSN:05472407
NII書誌ID(NCID):AN00181070
内容記述
In a three-dimensional Abelian gauge theory with the Chern-Simons term as a kinetic term, we investigate how the canonical structure is affected by a quantum effect. An equal-time commutator for gauge field is evaluated using the Bjorken-Johnson-Low limit. We find that the commutator is modified in a non-trivial way and that there appears a total sign ambiguity in a newly derived term due to limiting processes of the Bjorken-Johnson-Low formula, which is specific in odd dimensional space-time.アーベル群上のチャーン・シモンズ項を力学的な作用に持つ3次元量子力学において、正順構造が量子効果によってどのような影響を受けるかを研究する。ゲージ場の同時刻交換関係をブジョルケン、ジョンソン、ロー極限の手法で評価する。奇数時限時空の特性として、同時刻交換関係が非自明に修正され正準構造が修正されることを導いた。そのとき、新しく導かれた項にはブジョルケン、ジョンソン、ロー公式における極限操作に起因した全体符号についての任意性が現れることを示した。
本文を読む

https://nara-edu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12935&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報