紀要論文 教科横断的内容を取り入れた物理学の授業の取り組み-教養科目としての実践-
Practice cross-curriculum class in Physics Practice as Liberal Arts

中村, 元彦

3pp.181 - 184 , 2017-03-31 , 奈良教育大学次世代教員養成センター
ISSN:21893039
NII書誌ID(NCID):AA12746196
内容記述
物理学の専門研究者になるための大学の授業ではなく、一般に受け入れられる物理学の授業とは何かを検討するため、学生が自主選択できる教養科目で授業を展開した。今回着目するものとして、ひとつは、物理学を学ぶこと、またはその過程で、どのような汎用的能力が得られるのかである。もうひとつは、原理や公式にこだわらず、ある自然現象、ここでは光に着目し、いろいろな視点で捉えていく方法である。その時代時代に応じて、理科、国語、数学、社会、芸術、音楽、保健体育、技術、家庭など各科目で、その現象の知見はお互いに織りなして、人々に影響する。すべての学生に適した一つの授業方法は存在しないが、通常の授業と異なる授業方法を行ったので報告する。
本文を読む

https://nara-edu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12909&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報