紀要論文 対人関係が「居場所」(安心できる人)に及ぼす影響-友人関係及び家族関係による検討-
The influence of relationships on Ibasho (The person who eases one’s mind) Examination of friendships and family relationship

岡村, 季光  ,  豊田, 弘司  ,  多根井, 重晴

3pp.83 - 87 , 2017-03-31 , 奈良教育大学次世代教員養成センター
ISSN:21893039
NII書誌ID(NCID):AA12746196
内容記述
家族並びに友人への親和欲求が、居場所(安心できる人)評定に及ぼす影響を検討した。その結果、1)男女ともに、“父親”、“母親”及び“きょうだい”と家族との親密性は中程度の正の相関であった。2)男子において、“現学校以前の友人”“現学校以降の友人”と家族との親密性、“父親”“きょうだい”及び“現学校以前の友人”と友人との親密性はいずれも中程度の正の相関であった。一方、友人との親密性において、男子は“現学校以前の友人”と中程度の正の相関であったのに対し、女子は“現学校以降の友人”と中程度の正の相関であった。3)“父親”、“母親”及び“きょうだい”は男女ともに、家族との親密性が予測変数として有意であった。友人においては, “現学校以前の友人”において、男女ともに友人との親密性が予測変数として有意であった。一方、“現学校以降の友人”においては、女子のみ有意であった。
本文を読む

https://nara-edu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12884&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報