紀要論文 Use of Focus on Form for Developing English Language Proficiency of Elementary School Teachers
Use of Focus on Form for Developing English Language Proficiency of Elementary School Teachers

MAEDA , Koji

9pp.73 - 83 , 2017-03-31 , 奈良教育大学大学院教育学研究科専門職課程教職開発専攻
ISSN:18836585
NII書誌ID(NCID):AA12405118
内容記述
Elementary school English education has been attracting attention, but teacher education in this area has not been established. Developing teachers’ English proficiency as well as their teaching skills is an urgent issue. In this study, what kind of instruction, using what kind of material is effective for the development of English proficiency required for elementary school teachers in Japan is examined with three Japanese graduate students in the teacher education course. Three explicit instructions with past tense and three implicit instructions with future tense were given to all of them using a task directly related to their work. Their improvements in the use of the target grammatical items were measured with pre- and post- tests. Explicit focus on form instruction seemed to be effective in terms of the development of both accuracy and fluency.
小学校における英語教育が関心を集めているが、この分野においての教員養成及び研修が確立されているとは言えない。教員の英語運用能力の育成は、指導技術の習得とともに喫緊の課題である。本稿では、どのような教材を使ったどのような指導が小学校教員に求められる英語運用能力の育成に効果的であるかについて、教員養成課程の3人の大学院生を対象とした指導から考察する。3人の学生それぞれに対して、小学校での英語指導に必要な場面に直結したタスクを用い、過去形の明示的な指導と未来形の暗示的な指導をそれぞれ3回ずつ実施し、それらの文法項目の運用についての向上を事前テストと事後テストで測定した。結果からは、明示的なフォーカス・オン・フォームによる指導が、正確さ及び流暢さの両面の向上に有効であることが考えられる。今後、方法の改善とともに、対象者及び指導回数の増加などにより、この分野での研究を継続していく必要がある。
本文を読む

https://nara-edu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12875&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報