Departmental Bulletin Paper 原子・分子の実在性を考える教材の研究-原子論の歴史を題材に-
Study of Teaching Materials for Understanding the Existence of Atom and Molecule Based on History of Atomism

後藤田, 洋介  ,  片岡, 佐知子

2pp.323 - 328 , 2016-03-31 , 奈良教育大学次世代教員養成センター
ISSN:21893039
NCID:AA12746196
Description
ブラウン運動は原子の実存の証拠となることが知られており、科学史の中でも重要な実験として取り上げられている。本研究では、ブラウン運動を中心とした科学史を通して原子・分子の実在性を考える教材を作成した。学校教育で実践することを最終目標としているが、その前段階として大学の物理学実験の課題の一つに、ブラウン運動の実験を取り入れた。本稿では、作成した教材の目的及び内容を紹介するとともに、学校現場での実践に際しての課題について報告する。
Full-Text

https://nara-edu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10925&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information