Departmental Bulletin Paper 心を動かす「語り」の指導についての研究-能楽の「謡」を中心として-
Move the heart study of the guidance of the “Narrative” About the “Recitation” of Noh

冨山, 敦史  ,  川畑, 惠子  ,  若森, 達哉  ,  松川, 利広

2pp.229 - 234 , 2016-03-31 , 奈良教育大学次世代教員養成センター
ISSN:21893039
NCID:AA12746196
Description
国語科における伝統的な言語文化の育成は、従来、評価の定まった教科書教材の古典を中心にすすめられてきたが、当時の庶民に愛好されていた「芸能」の中にも、教科書教材の古典を典拠とするものが多く、「芸能」の中で語られた解釈の有り様が、当時の人々の価値観を知るうえで大きな手がかりとなる。本研究では、能楽を中心に文楽、歌舞伎などに挿入された物語の典拠を明らかにしつつ、語り物や口承文芸としての民間芸能の世界にも触れながら、能楽のDVDや動画サイトなどICTの積極的活用や体験活動的な教材化を図り、児童生徒が自ら「謡」を「語る」体験的活動を通して、語り物の成立過程や伝承について理解を深め、登場人物の心情や背景をよりよく理解できる指導法を提案したい。
Full-Text

https://nara-edu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10910&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information