紀要論文 未来に残したい佐保川上流域の景観構成の試み ESD佐保川プロジェクト(2)-中学3年「総合的な学習の時間」・『卒業研究』における取り組みから-
Trial of the Saho River upstream in the future landscape composition ESD Saho-river watershed project (2)

竹村, 景生  ,  松川, 利広  ,  谷口, 義昭  ,  荘司, 雅規  ,  佐竹, 靖  ,  山本, 浩大  ,  吉田, 寛  ,  若森, 達哉

2pp.217 - 221 , 2016-03-31 , 奈良教育大学次世代教員養成センター
ISSN:21893039
NII書誌ID(NCID):AA12746196
内容記述
本稿では、ESDが捉える地域と文化そして環境を「流域」概念でつなぎ、流域思考的な学びの統合を、教科ならびに総合的な学習の時間または課外活動で、ICT機器、特にタブレット端末を活用することによって取り組むことを提案している。また、生徒たちが佐保川上流域の資料を収集し、検証し、提案していけるよう教育大生がアシストすることを通して学校現場での「ESDの実践力」を育むことも、ここでは目的としている。本稿は、昨年度は主に課外活動である裏山クラブの取り組みを中心に進めてきたが、今年度は引き続き佐保川の景観構成を、卒業研究で取り組み、その「観光」をキーワードとした「未来に残したい佐保川の景観」(バーチャル佐保川)の物語化を、その取り組みの総括とともに報告する。
本文を読む

https://nara-edu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10908&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報