Departmental Bulletin Paper ティーチャー・トレーニング・プログラムによる 保育者支援に関する研究 第二報-事例を通した発達特性の違いによる効果の検討-
A Study of Teacher Training Program for Supporting Early Childhood Teachers Vol.2

大西, 貴子  ,  武藤, 葉子  ,  小枝, 久美子  ,  岩坂, 英巳

2pp.137 - 145 , 2016-03-31 , 奈良教育大学次世代教員養成センター
ISSN:21893039
NCID:AA12746196
Description
本研究では「ティーチャー・トレーニング・プログラムによる保育者支援に関する研究 第一報」の結果を踏まえて、対象児の発達特性によるプログラムの有効性の違いについて、発達遅滞タイプ、ADHDタイプ、ASDタイプの3例を抽出し事例検討を行った。各事例について全5回のプログラムの進行過程を、評価尺度やホームワークシート、および逐語記録から検討した結果、保育者の関わり方の変化が対象児との関係構築や回復を促し、問題の困難さを緩和させ、保育者の自己効力感が増大する過程がより明らかとなった。また、どのタイプの子どもに対しても一定の有効性が示唆されたが、子どもの発達段階や障害のタイプによっては、効果の現れ方に違いが出てくることがわかった。
Full-Text

https://nara-edu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10899&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information