紀要論文 校内研究のあり方に関する一考察-授業のUDを目指した取り組みに焦点を当てて-
A Study on Formation of Teacher’s Learning Through In-house Lesson Study A Focus on activity for Universal Designed Education

太田, 満  ,  中澤, 静男

2pp.107 - 115 , 2016-03-31 , 奈良教育大学次世代教員養成センター
ISSN:21893039
NII書誌ID(NCID):AA12746196
内容記述
本研究は、教室にいる全ての子どもの授業の参加と理解を促すための校内研究のあり方について考察したものである。校内研究が一部の教員によって推進されるだけでは、学校全体の授業改善には繋がらない。校内研究を全員参加型のものに変換するためには、授業者に過度の負担がかからないように授業研究の過程を踏まえた研究計画を立てることが必要である。また、授業のUDを目指すための研究体制を整えると共に、「汎用的授業力」と「教科専門の授業力」の両方のアプローチから授業改善を図ることが求められる。
本文を読む

https://nara-edu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10896&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報