紀要論文 カメラトラップを用いて確認された奈良県大峯山系弥山・前鬼の中・大型哺乳類相
Medium/ large mammal fauna of Mt. Misen and Zenki region in Ohmine Mountains in Nara prefecture, Central Japan, detected by Camera- trap method

深川, 幹  ,  辻野, 亮

17pp.49 - 58 , 2016-03-20 , 奈良教育大学自然環境教育センター
ISSN:21887187
NII書誌ID(NCID):AA11996234
内容記述
奈良県吉野郡に位置する大峯山系の弥山・前鬼の2地域において、中・大型哺乳類相の現状を明らかにすること、特に生息密度が高いと考えられるニホンジカについて撮影頻度指数(RAI: relative abundance index) の季節変動を明らかにすることを目的として、弥山では2014年5月から11月、前鬼では2014年8月から2015年8月にかけてカメラトラップ法を用いた調査を行った。弥山ではニホンジカ、アカギツネ、ニホンリスの3種、前鬼ではニホンジカ、ニホンカモシカ、イノシシ、ニホンテン、ニホンザル、アカギツネ、ツキノワグマの7種が撮影された。どちらの地域でもニホンジカのRAIが最も高かった。ニホンジカのRAIは、弥山では6,7月が高くそれ以外の時期は低かったのに対し、前鬼では9,10,11月が高く、弥山と前鬼では異なる傾向がみられた。カメラ設置地点の標高平均値が弥山では1,853 m、前鬼では1,026 mと二地点間で800m以上の標高差があること、前鬼では秋期に堅果や液果を付ける樹種が多いことから、餌資源の供給や積雪に応じてニホンジカが移動している可能性が考えられた。
We conducted camera trap methods to reveal medium/large mammal fauna, and to compare the relative abundance index (RAI) of sika deer among seasons at two sites in the Ohmine Mountains, i. e., Mt. Misen region (May to November, 2014) and Zenki region(August, 2014 to August, 2015) in Nara prefecture, Central Japan. We found three mammal species (sika deer, red fox, and Japanese squirrel) in the Misen region and seven mammal species (sika deer, Japanese serow, wild boar, Japanese marten, Japanese macaque, red fox, and Japanese black bear) in the Zenki region. RAIs of sika deer in both regions are highest among all mammals. While the RAIs of sika deer in the Misen region were high in June and July and lowin the other months, those in the Zenki region were high in September to November and low in the other months. This suggested that the food availability and snow fall affected the seasonal migration of sika deer.
本文を読む

https://nara-edu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10357&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報