学術雑誌論文 【切っても切れない細胞同士の縁-プロテアーゼが細胞ネットワークをつくる】 Kallikrein-related peptidases(KLKs)と皮膚疾患

岸部, 麻里  ,  山本, 明美

19 ( 2 )  , pp.136 - 139 , 2016-3
ISSN:1344-0128
内容記述
近年、表皮におけるKallikrein-related peptidases(KLKs)の機能解析は目覚ましいものがあり、炎症性皮膚疾患におけるKLKsの意義が注目されるようになった。KLKsは、複数の遺伝子から構成されるセリンプロテアーゼファミリーであり、表皮では顆粒層から角層にかけて発現する。これらは、角層細胞の剥離に関わるほか、表皮角化細胞の増殖・分化、抗菌ペプチドのプロセッシング、炎症反応の誘導など多彩な機能を発揮する。現在、明らかにされている表皮におけるKLKsの生理学的な役割について述べるとともに、KLKsの過剰な活性化が病態形成の中心的な役割を果たす稀な遺伝性炎症性皮膚疾患であるネザートン症候群を中心に解説する。
本文を読む

http://amcor.asahikawa-med.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=405290006

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報