学術雑誌論文 熟練保健師が語る保健師活動の継承~北海道A地区におけるグループインタビューから~

塩川, 幸子  ,  藤井, 智子  ,  北村, 久美子  ,  石谷, 絵里  ,  岩本, 泉

29 ( 2 )  , pp.115 - 121 , 2016-3
ISSN:0914-2630
内容記述
近年、分散配置や熟練保健師の退職等により、保健師活動の継承が課題と指摘されている。本研究は熟練保健師が先輩から受け継ぎ、後輩に引き継いでいきたいことを明らかにすることを目的とした。A保健所管内の市町村および保健所に勤務する熟練保健師を対象にグループインタビューを行い、逐語録を質的に分析した。対象者は8名、保健師経験年数は平均28.1年であった。分析の結果、6カテゴリーを生成した。熟練保健師は次世代の保健師に継承したいこととして、【保健師活動の原点を考え続ける】なかで【活動を積み重ねながら専門性を確かなものにしていく】ことを大切にしてほしいと考えていた。また、【これだけは残して欲しい保健師魂】を語った。継承のための環境として【育ち合う基盤となるもの】、【経験を分かち合う風土】、【活動を継承する仕組みづくり】を挙げ、継承のためには、保健師活動の歴史を形として残していくことの意義も示唆された。
本文を読む

http://amcor.asahikawa-med.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=20160516

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報