紀要論文 <研究論文>惜しみなく愛は逸れる─失われた「愛の極限」を求めるための手がかりとしてのラカンの「Lシェーマ」活用術
Love Misses : A Method of Using Lacan’s “Schema L” for Searching for a Clue to the Lost “Limits of Love”

清田, 友則

4 ( 1 )  , pp.39 - 64 , 2018-03-23 , 横浜国立大学都市イノベーション研究院
ISSN:21893160
NII書誌ID(NCID):AA12712864
本文を読む

https://ynu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9031&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報