紀要論文 <博士学位論文要旨>重度知的障害を伴う発達障害者の「問題行動」改善を目的とした動物介在介入の試み―行動分析を視点として―
A Trial Study of Animal Assisted Intervention Aiming at Improvement of "Problem Behaviors" of People with Mental Retardation− From the Viewpoint of Behavior Analysis −

川添, 敏弘

17pp.46 - 50 , 2018-03-31 , 横浜国立大学技術マネジメント研究学会
ISSN:13473042
NII書誌ID(NCID):AA11629233
内容記述
重度知的障害者には、自閉症の特徴的な行動が認められる場合がある。その行動特性が理解されないことで、暴力行動を含めた「問題行動」が生じる場合がある。その「問題行動」への対処を間違えれば、深刻な状態を引き起こすことがある。その状況を解決するために、対象者にイヌを介入する研究を行った。動物介在介入では、障害者がイヌに対して自発行動が出現するような関わりを作っていった。イヌとの関係が形成されると、イヌと一緒であれば場所を移動することで様々な困難場面に直面していくことが可能になった。その結果、イヌが存在することで様々な刺激に対応できるようになり「問題行動」が減少していった。このような介入が対象者の行動の変化をもたらし、さらに、職員が新たに出現した適切な行動を評価することで、障害者のQOL (生活の質) が向上していった。事例で示した行動の変化が生じる理由について、イヌを用いた個別の研究で明らかにした。さらに、実際に動物介在介入で用いた学習理論による説明を行った。動物介在介入では、レスポンデント条件付けを重視することで、「問題行動」を変容することが可能となっていると考えられた。本研究では、重度知的障害を伴う発達障害者の「問題行動」へ、これまで報告されていない介入方法を提案することができた。
本文を読む

https://ynu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8842&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報