紀要論文 <論文>高齢期の被援助志向性に影響を与えるライフイベントは何か―SCATによる内容分析を用いた検討から―
What is the life event that affects the help-seeking preferences among the elderly?― From the result of content analysis conducted by Steps for Coding and Theorization(SCAT) ―

高橋, 知也  ,  小池, 高史  ,  安藤, 孝敏

17pp.20 - 30 , 2018-03-31 , 横浜国立大学技術マネジメント研究学会
ISSN:13473042
NII書誌ID(NCID):AA11629233
内容記述
独居高齢者の「援助を受けること」に対する認知的枠組み(以下、被援助志向性)を質的に検討することにより、被援助志向性に影響を与えるライフイベントを明らかにすることを目的として、6 名を対象に半構造化インタビュー調査を実施した。インタビューデータからSteps for Coding and Theorization (SCAT) による理論記述を行った結果、現在における被援助志向性がそれまでに個々人が経験してきたライフイベントに影響されることが示唆された。具体的には、(1) 援助職や小売業といった職業経験が肯定的、あるいは否定的な被援助志向性を形成する要因となり得ることや、(2) 身近な人との互助性を伴うつながりが肯定的な被援助志向性を形成する要因となり得ること、(3)自身や家族の健康、あるいは経済上の変化に伴う公的サービス(介護サービスや生活保護、求職支援など)の利用経験が被援助志向性を形成する要因となり得ることなどが示された。
本文を読む

https://ynu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8840&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報