紀要論文 <研究ノート>状況に埋め込まれた学習としてのイノベーション : 新しい文化を生む際の「価値の生産と推進」について : セルフグリル・レストラン『ゲッコ』の変遷より

會津, 律治

(15)  , pp.27 - 40 , 2016-03-31 , 横浜国立大学技術マネジメント研究学会
ISSN:13473042
内容記述
本稿は,経済における革新とは、生産側・消費側両者の相互作用による両者の教授・学習がイノベーションをもたらすとの考えに基づく。新しいモノの価値の生産とは,単に新しいモノを開発するだけではなく、新しい文化・欲望をつくることであり、それによって新たな需要が生まれることを示す。本研究は、筆者が行ったレストランの開発・運営の変遷を調査対象とした。変遷の記述・分析から、新しい文化を生む際に、「提案する者(生産側)」と「選択する者(消費側)」とされる両者の共同体が学び合う相互作用が示された。店舗を経営者とスタッフ側だけでなく顧客も含んだ共同体と捉え、店舗と顧客との相互作用の中で共に変化して行く過程を記述した。この共同体の変化の中で即興的・流動的に新しい価値・文化を生産し推進して行く過程を検証している。
This paper shows that producing values of new objects is not only just developing new things but also creating new cultures and desires, and it brings new demands. The innovation on economy might be established on the collective learning process through interactions by producers and consumers. The field of this research was a restaurant whose owner is the author of this article and a subject of investigation was the process of development and management of the restaurant. Data showed the interactions between “proposers; producers” and “selectors; consumers” were the collective learning process on which new culture had been creating. This research considered the restaurant as the learning community being constructed by not only a manager and employees but also customers, and described a process of changing thorough the interactions among this community. The process was verified that the community fluidly and improvisation-ally produced and advanced the new value and culture.
本文を読む

http://kamome.lib.ynu.ac.jp/dspace/bitstream/10131/10051/1/No15-3.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報