紀要論文 <論文>新たな美術教育の理論と方法論、考察と実践「鑑賞学習から始まる創造活動表現」 : 鑑賞表現一体化 直接対決の美術 : 報告「一本の線の絵の実験」ワークショップ

原田, 美穂子

(15)  , pp.17 - 26 , 2016-03-31 , 横浜国立大学技術マネジメント研究学会
ISSN:13473042
内容記述
本研究は、鑑賞することが動機となり表現へ連動すると捉え、鑑賞と表現が一体化した美術教育の方法論による「鑑賞表現一体化」プログラムと美術活動の報告である。鑑賞表現一体化の美術教育方法論は、主体性の確立を目指すプログラムである。知識や教養に終ることなくまた技術指導に偏ることなく、鑑賞した物事に応答して表現する活動では、鑑賞物に対峙する主体が不可欠である。鑑賞と表現が一体化した美術教育の方法論「鑑賞表現一体化」プログラムの主題は「直接対決の美術」である。主体と事物が対決するの意である。溢れる情報に囲まれてはいるものの今日の情報過多社会においても、与えられなければ出会わない鑑賞機会こそ美術教科の教育的使命なのである。指導案を制作する教師もまた鑑賞表現一体化の方法論により準備にあたる。鑑賞表現一体化の方法論は、情報化社会の多様性を生きる、生き方の方法論そのものである。鑑賞表現一体化方法論によるワークショップ「一本の線の絵の実験」からは、他者とをつなぐアートの機能が浮かび上がった。
This paper presents the concept of art activities based on the“integrated art appreciation-expression program.” This program is based on the art education methodology which percieves appreciating art simultaneously motivates art expression, aiming to establish oeople’s identities. In art activities where people immediately respond to what they are appreciating, not just ending it as accumulation of their knolegedge or culture, nor be biased to acquiring art techniques, it is essential for one to be the subject that faces the appreciating object. The main theme of the integrated art appreciation-expression program is “art of direct confrontation,” whereby the subejct and the object confronts with each other. The educational mission of art course in school is giving opportunities for appreciating art which could not be possible if not given to them, even in today’s information overloaded society. Teachers also face the “integrated art appreciation-expression program” by preparing curriculum. The methodology of integrated appreciation-expression is the methodology for a way of life in living the information diverse society. The art workshops “experiment of one line drawing”based on this methodology revealed the fuction of art in connecting people to people.
本文を読む

http://kamome.lib.ynu.ac.jp/dspace/bitstream/10131/10050/1/No15-2.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報