紀要論文 〈論文〉独居高齢者は誰に援助を求めるか: 高齢者における被援助志向性と援助要請を行う対象との関連の検討から

高橋, 知也  ,  小池, 高史  ,  安藤, 孝敏

(14)  , pp.23 - 31 , 2015-03-31 , 横浜国立大学技術マネジメント研究学会
ISSN:13473042
内容記述
独居高齢者の「援助を受けること」に対する認知的枠組み(以下、被援助志向性)と援助要請を行う対象との関連を明らかにすることを目的として質問紙調査を実施し、280 名を分析対象とした。調査結果から、被援助志向性尺度の下位尺度である「援助の欲求と態度」において、女性で有意に高い得点となった。また、「支援の必要が生じた際に援助要請を行う対象」として「家族・親戚」を選択する高齢者が多いことや、女性に比べ男性は「家族・親戚」を選択することが少なく、「行政」を選択することが多いことが明らかになった。さらに、下位尺度である「援助の欲求と態度」において、得点高群と得点低群の間で「援助要請を行う対象」の分布に差がみられ、得点低群において「行政」を援助要請先として選好的に選択する傾向が示された。
The relevance of the relationship between help-seeking preference of the elderly living alone and thetarget for requesting assistance was investigated. A questionnaire survey was conducted with 280 elderlypeople living alone. The results indicated that the preferences of men’s seeking help (subscale: needs orattitudes for help) are lower than that of women, and that the elderly living alone tends to choose theirconsanguineal and affinal relatives as the targets for requesting assistance. The results also indicatedthat men tend to choose administrative supports and avoid choosing their consanguineal and affinalrelatives for requesting assistance as compared to women, and that the elderly living alone, who belongto the group of lower preference of help-seeking (subscale: needs or attitudes for help), tend to chooseadministrative supports compared with higher group.
本文を読む

http://kamome.lib.ynu.ac.jp/dspace/bitstream/10131/9173/1/14-3.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報